MENU

AGA(エージーエー)対策で薄毛・抜け毛を防ぐ

AGAとは「男性型脱毛症」のことです。

 

脱毛症と一言で言いますが、実はいくつか種類があり、中でもAGAと言われる男性型脱毛症が多くの割合を占めています。

 

脱毛症の90パーセント以上がこのAGAだといわれていますので、男性の脱毛症はほぼAGAと考えられます。

スポンサーリンク

特徴としては頭頂部の毛髪が薄くなったり、髪の生え際が段々と後退していくといった感じで、原因としては、男性ホルモンやホルモンのバランス、遺伝的なこと、ストレス、食生活などの生活習慣などが挙げられています。

 

AGA対策において、重要なのは「継続させること」です。いろいろな情報を得て、自分に合わない方法を実行しても、長くは続かないことがほとんどです。

 

自分のペースで実行し、「できなかったらどうしよう」とマイナス思考にならずに、続けていくことが、AGA対策の最も大切なことであり、理想です。

AGAの治療方法

AGAの頭皮

 

AGA治療というのは、色々な方法がありますが、大きく分けると、二種類の治療法になります。

 

ひとつは、内服・外用薬によるAGA治療で、これは、プロペシアやミノキシジルなどの育毛剤を飲んだり、塗ったりします。

 

もうひとつは、成長因子や育毛剤を、注射器などを用いて、直接体内に注入するというAGA治療になります。

 

毛を太くて強い成毛に育てるAGA治療で、この治療法には、育毛メソセラピー治療法とHARG療法と呼ばれる二種類の治療法があります。

 

これは成長因子などを体内に注入するAGA治療で、HARG療法の場合、HARGパウダーという独自のカクテルを用います。

 

20代、30代あたりからの男性の薄毛は、大抵がAGAに当てはまりますが、原因はそれぞれ異なります。

 

男性ホルモンDHTが原因のAGAに対して、血行をよくするための薬を服用してもあまり効果はありません。

 

AGA治療は、まずは問診や触診から原因をしっかり見極め、それに見合った薬を処方しないといけません。

 

基本的には、AGA治療の場合、月に1度の診察と薬の服用がメインで、専門に治療をする病院では、発毛のための頭皮ケアを実施します。

AGA治療の効果と相場

薄毛や脱毛の程度による個人差はありますが、早ければ半年間のAGA治療で頭髪に何らかの効果があらわれ、さらにAGA治療を3年間続けた人のほとんどが、進行を抑えられたといいます。

 

一般的にAGA治療は自由診療になるので、保険適用はされず、診察料やプロペシアなどの薬代は全て自己負担になります。

 

そのため、まずはAGA治療の相場を知ってから、病院選びをしましょう。

 

AGA治療の相場は、薬代や診療費などを含めると、1ヶ月で10000円〜15000円程度と考えてよいでしょう。

 

AGA治療で欠かせない薬には、プロペシアがありますが、これは基本、病院で処方しないと手に入りません。

 

しかし、プロペシアについては、ネット経由で個人輸入したものが手に入るので、個人でAGA治療をすることも可能です。

 

ただジェネリックであるので、偽造品や粗悪品が出回っていることもあり、個人のAGA治療は注意を要します。

 

身体に悪影響を与えてしまうこともあるので、上記のAGA治療薬については、できれば病院で処方してもらうのが賢明です。

 

AGA治療の内容としては、外科的治療法、外用療法、内服療法などの療法があり、様々な治療法があります。

 

薬剤を使ったAGA治療は、老人性脱毛症よりも比較的高い治療効果が期待できるといわれています。

AGA治療と対策

 AGAスキンクリニック


inserted by FC2 system