MENU

AGAの原因記事一覧

AGAは、最近よく耳にするようになりましたが、これは、Androgenetic Alopeciaの略になります。日本語に直すと男性型脱毛症と言う意味になるのですが、AGAは、遺伝や生活習慣が原因といわれています。成長しきれていない細く短い毛が抜けることにより、薄毛がどんどん拡大し、結果、AGAになってしまいます。

AGAを予防し毛髪を成長させる為には、食生活は少なからず影響します。毛髪だけでなく、平均寿命や平均身長など生きていく上でも、食生活は大きく影響しています。まず大切なのは、1日3食きちんと食べることです。

タバコはAGAに対して最も悪影響を及ぼすものです。タバコに含まれる「ニコチン」が主な原因なのですが、毒物に指定されるニコチンは、血流を悪くし、毛髪へ栄養を送りにくくするのです。

AGAにはホルモンが大変深く関わっています。生え際や頭頂部は「男性ホルモン」、側頭部や後頭部は「女性ホルモン」が影響しています。AGAは男性ホルモンの影響が強いため、生え際や頭頂部が薄くなっていってしまいます。

AGAの予防や対策では、正しいシャンプーをおこなう事も大事です。また、シャンプーの際には肌に合ったシャンプーを使用して1日2回までを限度としておこないます。シャンプーの種類は大きく分けて、石油、石鹸、アミノ酸などがあります。

AGAは男性型脱毛症を指す言葉として使用されており、成人男性の髪が薄くなる状態に使用されている用語になります。AGAの症状では、額の生え際や頭頂部などの毛が薄くなり、症状が進むと薄毛範囲が広がっていきます。原因は、遺伝や男性ホルモン・生活習慣の乱れ、ストレスなどがあげられています。

薄毛や抜け毛に悩んでいる方は、まずその原因を探る事から始めましょう。髪の毛は、全身の健康とも密接に関係しています。薄毛の対策や予防は、薄毛が気になりだしたら開始します。

髪の毛は毛包で作られ、毛包の中には毛母細胞と毛乳頭からなる毛球が存在します。毛母細胞で血管から運ばれる酸素や栄養をエネルギーに変換し、毛が作られています。毛乳頭はさまざまな物質を分泌し、毛母細胞の働きを助けています。

育毛についてネット上で検索しているとAGAという言葉をよく見かけますが、これは何を意味しているのでしょうか。AGAはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症という意味です。男性型脱毛症というのは、その言葉通り主に男性に見られる脱毛の症状で、頭頂部の中心から髪が抜け落ちたり、額の生え際が後退したりするのが主な特徴です。

薄毛は、髪が細くなり、抜け落ち、髪の毛が正常な成長をしない状態を指します。薄毛が進行すると、頭皮が見えて髪の毛の密度が薄くなる状態に陥ります。薄毛の原因は、大きく分けて遺伝、ホルモン、食生活・生活習慣、ストレスになります。

スポンサーリンク


inserted by FC2 system