MENU

AGA(男性型脱毛症)の原因と脱毛症の種類

育毛についてネット上で検索しているとAGAという言葉をよく見かけますが、これは何を意味しているのでしょうか。

 

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症という意味です。

 

男性型脱毛症というのは、その言葉通り主に男性に見られる脱毛の症状で、頭頂部の中心から髪が抜け落ちたり、額の生え際が後退したりするのが主な特徴です。

スポンサーリンク

AGAの原因はテストステロンという男性ホルモンです。

 

実はテストステロンだけでは脱毛は起こらないのですが、5aリダクターゼという酵素と合わさると、テストステロンがジヒドロテストステロンというホルモンに変化し、これが毛が抜けるように指示を出してしまうのです。

 

AGAは遺伝的要素が大きいと言われていますが、AGAになりやすい遺伝子を持っていても必ず脱毛が起こるわけではありません。

AGAと生活習慣の関係

AGAになりやすい家系であっても全くその症状が出ない人もいるのは、生活習慣などの要因も深く関わっているからです。

 

育毛に取り組む人が生活習慣を見直すことが大切なのもそのためです。

 

生活習慣によって遺伝的な傾向を克服することが出来る場合も多いのです。

 

例えば、食生活が高カロリー・高コレステロールであると血中コレステロールや中性脂肪が増えるので、血液がドロドロになり、健康な髪の成長が妨げられてしまいます。

 

髪に良い栄養分を含んだ食生活に切り替えることが大切です。

 

AGAの他に脂漏性脱毛症というタイプも存在します。

 

頭皮から皮脂が適度に分泌されていれば、それは良いバリア機能となるのですが、皮脂が過剰に分泌されると毛穴が塞がれてしまい、髪の成長が妨げられ、脂漏性脱毛症が起こってしまいます。

 

これを防ぐためには頭皮を清潔に保つ必要があります。

 

しかし、洗髪の回数が多過ぎても皮脂を除去し過ぎてしまい、反対に皮脂の過剰な分泌を促すことにつながってしまうので注意が必要です。

 

女性の薄毛によく見られるびまん性脱毛症というタイプも存在します。

 

これは男性のように部分的に集中して脱毛が起こるのではなく、全体的に髪のボリュームが少しずつなくなっていくのが特徴です。

 

これはかなり薄毛になるまで気付きにくいので注意が必要です。

 AGAスキンクリニック

AGA(男性型脱毛症)の原因と脱毛症の種類関連ページ

AGAと薄毛治療
プロペシアだけをAGAの薄毛治療として服用している人もいますが、これだけでは中々効果が得られません。他の治療法を併用することが重要です。
AGAと食生活・睡眠の関係
AGAを予防し毛髪を成長させる為には、食生活や睡眠など生活習慣が少なからず影響します。
AGAとタバコ・ストレスの関係
タバコに含まれる「ニコチン」が主な原因なのですが、毒物に指定されるニコチンは、血流を悪くし、毛髪へ栄養を送りにくくするのです。
AGAとホルモン・体温の関係
AGAは男性ホルモンの影響が強いため、生え際や頭頂部が薄くなっていってしまうのです。この特性を生かした治療法に「自毛植毛」があります。
自分に合ったシャンプー使用もAGA対策に有効
AGAで悩まれている方は、刺激の強いシャンプーを使用して頭皮状態が悪化している場合が多いので、アミノ酸シャンプーなどを使ことも重要です。
AGAとはどんな脱毛症なのか
AGAは、日本国内で1,000万人以上が発症していると言われています。症状の多くは額の生え際や、頭頂部から薄毛が進行していきます。
薄毛や抜け毛に悩む人がまず取り組む事
健康的な生活を送る事を意識して生活する事で、薄毛対策や予防が可能です。不健康な生活は、髪の毛の成長や頭皮環境にも悪影響をおよぼします。
髪の毛が生える仕組みや性質、薄毛の悩みについて
通常は成長期が一番長く続くのですが、AGAの人は成長期が短くなります。その為、髪の毛が十分に成長せず薄毛につながります。
脱毛や薄毛の原因はさまざま
薄毛の原因は、大きく分けて遺伝、ホルモン、食生活・生活習慣、ストレスで、これらの原因が複数組み合わさり、薄毛が進行している場合が多いです。

inserted by FC2 system