MENU

日頃から髪の毛をケアして薄毛を対策しよう!

「年齢を重ねてからちょっと薄毛になってきたかな?」と、はっきりと薄毛であるというわけではないけれど、なんだか年齢を重ねてから薄くなっているような気がすると悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

薄毛は、日頃から髪の毛のケアをすることによって、対策をとることができます。

スポンサーリンク

では、日頃からの髪の毛のケアとは、どんなことをすればよいのでしょうか。

 

それは、しっかりと頭皮を洗うということです。

 

地肌をしっかりと洗うことができているでしょうか。

 

頭皮というのは、自分で思っているよりも汗をかき、皮脂などの汚れが付着しているものです。

 

それらの汚れが付着したままでいると、毛穴が詰まってしまい、髪の毛が生えにくくなってしまいます。

 

したがって、毎日のシャンプーを行うときには、頭皮をしっかりと洗うことをイメージして洗うのが良いです。

髪を大事にする髪の毛の洗い方

髪の毛を大事にする髪の毛の洗い方として、まず髪を洗う前の乾いた状態でブラッシングを行います。

 

この時点で、髪の毛の大まかな汚れを落とすことができますし、からまった髪の毛をほぐしておくことによって、指との絡まりを防ぐことができ、頭皮への負担を軽くすることができます。

 

次に、髪の毛を濡らしていきます。

 

このとき、しっかりと髪の毛を濡らしましょう。

 

髪の毛の根元までしっかりと濡らします。

 

それから、シャンプーを行っていきます。

 

シャンプーを行うときには、シャンプーを手に馴染ませて軽く泡を立ててから髪の毛へとつけていきます。

 

そして、髪の毛を洗うというよりも指の腹で頭皮を洗っていきます。

 

頭皮を満遍なく洗っていきたいので、最低でも2分はシャンプーを行いましょう。

 

それから、シャンプーを洗い流すときには、シャンプーを行った時間の倍の時間をかけて、シャンプーを流していきます。

 

頭皮にシャンプーが残ってしまうと、毛穴詰まりの原因となってしまいます。

 

そして、コンディショナーをしていきます。

 

コンディショナーは、髪の毛に馴染ませたらすぐに洗い流していきます。

 

シャンプーを洗い流したときと同じくらいの時間をかけて洗い流しましょう。

 AGAスキンクリニック

日頃から髪の毛をケアして薄毛を対策しよう!関連ページ

AGA以外の脱毛症や脱毛の原因
髪の毛にも、栄養状態は深く関係しています。バランスの悪い食事や喫煙、そしてストレスは、髪の毛の状態にも悪影響を与えます。
薄毛に良い食べ物とは
体全体でみても髪の毛への栄養の振り分け優先順位はとても低いので、偏った食事ばかり続けていると十分な栄養が頭皮や髪の毛に行き渡らず薄毛になる可能性が高くなります。

inserted by FC2 system