MENU

病院でのAGA治療記事一覧

AGAの症状が出始めたら、なるべく早くケアを始めるべきです。生えている毛髪の現状維持を行なう事は比較的簡単ですが、無くなった毛髪を元の状態に戻すというのは大変難しい事なのです。身体の疾病と同じく、早期発見・早期治療が大切です。

AGAという言葉を耳にする機会も、増えてきたのではないでしょうか。テレビのコマーシャルで目にする事が多く、着々と知名度を上げています。言葉の頭文字を取っているためAGA自体には意味がなく、日本語で言えば男性型脱毛症となります。

AGAというのは男性型脱毛症とも呼ばれるもので、世の男性の薄毛や脱毛といった毛髪トラブルの多くを引き起こすものです。特に20代や30代といった若い世代で薄毛が認められる場合、そのほとんどはAGAだと言われています。症状が現れ始めると確実に進行していくため、毛髪を大事にしたいならAGA治療を用意して実践していかなければなりません。

AGAは、高額な育毛剤を購入しても、中々、思うような効果が得られないことが多いものです。そうした場合、AGAは、病院でチェックを受けるのが一番で、育毛対策を始めるより、病院の遺伝子検査を受ける方が得策です。

AGAは「皮膚科」や「形成外科」、「美容外科」等の病院でも治療ができ、ネットで住んでいる都道府県や市町村の病院を検索することも可能です。通常、発毛サロンでは増毛が行われますが、病院では自分の毛髪をAGAの症状のある部分に移植していく移植手術「自毛植毛」を行います。

AGAはまれに女性が発症することもあり、その場合はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。女性の体内にも男性ホルモンがありますので、遺伝的なこと以外にも原因があることから、生活習慣の乱れなどによって、ホルモンのバランスが崩れてしまうと発症する例もあるのです。

薄毛治療を意識する段階は人それぞれかもしれませんが、キッカケは一様でしょう。当たり前ですが早ければ早いほど症状を抑えられる可能性は高くなり、結果的に薄毛治療の成功率も上がります。

AGAの治療をする場合、主に治療薬を服用しながら、塗るタイプの育毛剤を併用するというのが基本的なパターンになります。こうした方法で薄毛改善を目指していくわけですが、AGAの治療に利用されるフィナステリドは、保険の対象になりません。

AGAというと、男性の脱毛や薄毛の代表で、普通の頭皮ケアや育毛法ではほとんど効果がないと言われています。そうした中、AGAの治療を受けてみたいと言う人が増えているのですが、費用に関する情報があまりありません。

一般の病院でのAGA治療においては、主にプロペシアとミノキシジルという薬を服用します。そのため、処方料と薬代だけで済むので経済的にもやさしく、AGAの費用が安くすみます。ただ、基本的にAGAの費用は自己責任になるので、それなりの費用は覚悟しなければなりません。

スポンサーリンク


inserted by FC2 system