MENU

AGA治療に保険は適用されるのか

AGAの治療をする場合、主に治療薬を服用しながら、塗るタイプの育毛剤を併用するというのが基本的なパターンになります。

 

こうした方法で薄毛改善を目指していくわけですが、AGAの治療に利用されるフィナステリドは、保険の対象になりません。

スポンサーリンク

これらの治療薬を用いたAGAの治療においては、保険は適応されないことになっているので、注意が必要です。

 

そうなると、AGAの治療というのは、どうしても個人の負担額が大きくなり、厳しい現実が露呈されます。

 

一般の病院とは違う治療内容が異なる頭髪専門病院の場合、AGAの治療については、保険の対象とはなりません。

 

頭髪専門病院は、一般の病院とは治療内容が異なり、保険がきかないので、AGAの治療費は、それぞれで違います。

 

よく利用されるAGAの治療薬フィナステリドは、保険の対象にならず、薬を用いた治療費全体が保険の対象になりません。

 

AGAの治療は、治療薬費用はもちろん、治療薬をもらうための診察、調剤、服薬指導など、すべて自己負担です。

 

治療費用を患者自身が全て負担しなければならず、AGAの治療は、保険が全くきかないので、かなり痛い出費となります。

AGA治療は自由診療扱い

保険の対象とならないAGAの治療は、薬剤費を含む各種費用の料金は、医療機関、調剤薬局ごとに設定されます。

 

専門外来のHPを確認してみても、よくわかりますが、AGAの治療に関しては、はっきり保険適応外と書かれています。

 

つまり、AGAの治療が長引けば長引くほど、保険がきかないので、個人の負担は大きくなるということです。

 

悪性男性ホルモンのDHTが生成されるのを防ぐAGAの治療薬フィナステリドは、一生飲み続けないといけません。

 

服用をやめるとDHTが復活し、抜け毛が始まりAGAになるので、費用的にかなりしんどくなります。

 

AGAの治療は、長期的にかかる医療費や、飲み続ける必要のある治療薬に、大きな費用がかかります。

 

保険がきかず、AGAの治療には莫大な費用がかかるので、途中で自毛植毛に踏み切るという人も少なくありません。

 

しかし、手術は嫌だという人にとっては、保険がきかないAGAの治療は、ありがたいものなのです。

 

痛みを伴わない、飲み薬と塗り薬によるAGAの治療は、保険がきかなくても、魅力的なのです。

 

厚生労働省が定めた医療保険の適応される病気に含まれていないAGAの治療については、保険が使えません。

 

したがって、AGAの治療は自由診療の扱いとなり、レーシックやインプラントと同様、実費での負担になります。

 AGAスキンクリニック

AGA治療に保険は適用されるのか関連ページ

AGAの症状が出始めたら
GAの症状が出始めたら、なるべく早くケアを始めるべきです。生えている毛髪の現状維持を行なう事は比較的簡単ですが、無くなった毛髪を元の状態に戻すというのは大変難しい事なのです。
AGAセルフチェック
AGAは自然に良くなるという事もないので、最近髪の毛が気になるという時にセルフチェックをチェックしてAGAが懸念されるようなら対策を講じていきたいところです。
AGAの検査キット
AGA検査キットを使えば、まだ薄毛が気になっていない状態でも検査キットを利用する事により、どの程度AGAに対するリスクが存在するかを判定してくれます。
病院でのAGAチェック
AGAは、最初に遺伝子検査によってチェックした方が、適切な治療方針がたてやすく、将来の見通しも明るくなります。
AGAの病院・サロンと自毛植毛
通常、発毛サロンでは増毛が行われますが、病院では移植手術となります。自分の毛髪をAGAの症状のある部分に移植していくのです。
女性のAGAについて
女性のAGAによる症状は、男性と同じく髪の毛がなくなるということは滅多になく、だいたいは髪の毛のボリュームがなくなるといった症状です。
薄毛治療とAGA
男性の場合には遺伝的要因が強いと言われますが女性の場合は加齢とともに起こりやすくなると言われるため、全員に薄毛治療の可能性があります。
AGA治療の費用
AGAの治療を受けてみたいと言う人が増えているのですが、費用に関する情報があまり無く、そのために躊躇している人も少なくありません。
AGA治療の費用を抑える方法
一般の病院でのAGA治療においては、主にプロペシアとミノキシジルという薬を服用します。そのため、処方料と薬代だけで済むので経済的にもやさしく、AGAの費用が安くすみます。

inserted by FC2 system