MENU

AGAとホルモンの話

AGAにはホルモンが大変深く関わっています。

 

生え際や頭頂部は「男性ホルモン」、側頭部や後頭部は「女性ホルモン」が影響しています。

 

AGAは男性ホルモンの影響が強いため、生え際や頭頂部が薄くなっていってしまいます。

スポンサーリンク

この特性を生かした治療法に「自毛植毛」があります。女性ホルモンの影響が強い側頭部や後頭部の毛髪を、薄くなった生え際や頭頂部に持ってくるのです。

 

植毛した毛髪は、女性ホルモンの働きを残していますので、抜けにくく、成長しやすい毛髪になっていきます。

 

また自分の毛髪なので、その後のメンテナンスが不要等、人工植毛を比べるとメリットがとても多いのです。

AGA対策につながる体温の上昇

最近は平熱が35度台〜36度前半くらいの方は「低体温症」と言われています。

 

実はAGAに悩む人の多くがこの「低体温症」であり、改善が必要であるという現実があります。

 

36度台後半くらいまで体温を上げることが理想なのですが、そのためには「身体を冷やさない」、「シャワーだけでなく湯船に浸かる」、「ショウガ等の食材の摂取により、体温を上げる」といったことが大切になってきます。

 

さらに、「足湯」は効果的な体温上昇法と言われており、簡単で低コストな方法ですので、冷え性体質の方にはおすすめです。

 

低体温は身体に様々な害を及ぼします。

 

「栄養吸収と新陳代謝の悪化」がAGAと深く関わっており、毛髪に栄養が行き渡らないといったことがあります。

 

「冷え性体質はAGAになりやすい体質」であることを認識し、体温を高める努力が大切なのです。

 AGAスキンクリニック

AGAとホルモン・体温の関係関連ページ

AGAと薄毛治療
プロペシアだけをAGAの薄毛治療として服用している人もいますが、これだけでは中々効果が得られません。他の治療法を併用することが重要です。
AGAと食生活・睡眠の関係
AGAを予防し毛髪を成長させる為には、食生活や睡眠など生活習慣が少なからず影響します。
AGAとタバコ・ストレスの関係
タバコに含まれる「ニコチン」が主な原因なのですが、毒物に指定されるニコチンは、血流を悪くし、毛髪へ栄養を送りにくくするのです。
自分に合ったシャンプー使用もAGA対策に有効
AGAで悩まれている方は、刺激の強いシャンプーを使用して頭皮状態が悪化している場合が多いので、アミノ酸シャンプーなどを使ことも重要です。
AGAとはどんな脱毛症なのか
AGAは、日本国内で1,000万人以上が発症していると言われています。症状の多くは額の生え際や、頭頂部から薄毛が進行していきます。
薄毛や抜け毛に悩む人がまず取り組む事
健康的な生活を送る事を意識して生活する事で、薄毛対策や予防が可能です。不健康な生活は、髪の毛の成長や頭皮環境にも悪影響をおよぼします。
髪の毛が生える仕組みや性質、薄毛の悩みについて
通常は成長期が一番長く続くのですが、AGAの人は成長期が短くなります。その為、髪の毛が十分に成長せず薄毛につながります。
AGA(男性型脱毛症)の原因と脱毛症の種類
AGAは遺伝的要素が大きいと言われていますが、AGAになりやすい遺伝子を持っていても必ず脱毛が起こるわけではありません。
脱毛や薄毛の原因はさまざま
薄毛の原因は、大きく分けて遺伝、ホルモン、食生活・生活習慣、ストレスで、これらの原因が複数組み合わさり、薄毛が進行している場合が多いです。

inserted by FC2 system