MENU

薄毛に良い食べ物とは

食事内容を見直すことで、薄毛対策ができます。

 

まず、ジャンクフードに偏らないこと。

 

たまに楽しむ程度で食べるのは構いませんが、日々の食事はなるべく栄養バランスの整ったものにしてください。

スポンサーリンク

体全体でみても髪の毛への栄養の振り分け優先順位はとても低いので、偏った食事ばかり続けていると十分な栄養が頭皮や髪の毛に行き渡らず薄毛になる可能性が高くなります。

 

薄毛に良いとされる食べ物は、大豆・牡蠣・レバー・緑黄色野菜・かんきつ類・焼き海苔などです。

 

大豆は髪の毛の主成分である「タンパク質」をたくさん含んでいます。

 

大豆の加工食品を積極的に摂るようにしましょう。

 

さらに、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制する働きのある「イソフラボン」もたっぷり含まれています。

 

牡蠣は海のミルクと呼ばれるほど栄養豊富な貝です。

 

特に牡蠣にたくさん含まれる「亜鉛」は髪の毛を作るタンパク質の生成を助ける働きがあります。

 

ただ、季節のものですから手に入りにくい時期もあります。

 

そんな時はサプリメントを積極的に活用しましょう。

髪に必要な栄養素

レバーは栄養の宝庫です。

 

なかでも頭皮の新陳代謝を活発にするビタミンAをたっぷりと含んでいる食品です。

 

髪が育つ頭皮環境を正常に保つ働きがあります。

 

緑黄色野菜は髪が育つのに欠かせない栄養がたくさん入っていますので、積極的に摂るようにしましょう。

 

ナッツ類には豊富なタンパク質とビタミンEが含まれています。

 

ビタミンEには頭皮の血行を良くする効果があり、抜け毛を抑制して発毛を促進する効果が高いのでオススメの食べ物です。

 

ビタミンCが豊富に含まれているかんきつ類も髪の毛の健康にはオススメの食べ物です。

 

ビタミンCは髪にハリと艶をもたらすコラーゲンの生成をサポートする効果があり、コラーゲンがきちんと作られることで、頭皮や血管が丈夫になって健康な髪を作ることができます。

 

髪に良いとされる魚はイワシです。

 

髪を構成しているタンパク質や、髪に重要な成分である亜鉛が豊富に含まれています。

 

新陳代謝を促すビタミンB16も豊富ですから、頭皮の健康にも魚です。

 

時期を問わず、安価に購入できるのでぜひ積極的にイワシを食卓に取り入れましょう。

 AGAスキンクリニック

薄毛に良い食べ物とは関連ページ

AGA以外の脱毛症や脱毛の原因
髪の毛にも、栄養状態は深く関係しています。バランスの悪い食事や喫煙、そしてストレスは、髪の毛の状態にも悪影響を与えます。

inserted by FC2 system