MENU

医療機関の治療以外にもAGA対策方法は存在する

AGAは進行する脱毛症の事で、髪の毛が軟毛化し脱毛が増加する為に全体的な毛量が次第に減少していきます。

 

AGA治療で処方される代表的な薬には、フィナステリドとミノキシジルがあります。

 

飲み薬であるフィナステリドは、血流にのって毛の細胞に入り込んでいきます。

スポンサーリンク

そして、酵素の働きを抑える事で、脱毛原因となるホルモンの作られる量が減り、髪の毛の軟毛化を防ぐ効果があります。

 

塗り薬であるミノキシジルは、血管を拡張する働きをします。

 

その作用によって頭皮の血行が改善され、また細胞分裂を活性化させる効果で発毛を促進させます。

 

専門医院の治療では、薬と合わせてストレスや睡眠、食事、喫煙などの改善もおこなっていきます。

 

また、食事やサプリメントで積極的にビタミンやミネラルなどを摂取する事で発毛を促します。

 

AGA治療薬を服用するにあたって大切なのは、健康状態を保持した身体に用いる事です。

 

なぜなら、いくら効果的な薬を服用しても、頭皮や身体が健康でなければ薬の効果を十分に得る事はできません。

 

その為、頭皮を常に清潔にしておく事も大事です。

さまざまな方法を検討を検討しよう

一般の病院では、AGAの治療薬の処方をして経過をみる治療法が一般的です。

 

しかし、専門医院ではそれぞれの症状に細かく沿った処方や生活習慣の改善指導もおこなっていきます。

 

ご自身でおこなうケアでは、育毛剤などの使用があります。

 

またすぐに効果を求める人には、サロンなどで人工毛などを使用した増毛などの方法もあります。

 

また、かつらの使用や植毛などを選択される方もおられます。

 

医療機関の薄毛治療も保険適用外治療になり、各医療機関で設定金額にも違いがあります。

 

また、全ての方に満足できる結果がでるとは限りません。

 

医療機関ではなく、サロンなどで脱毛の抑制をおこなっている場合もあります。

 

しかし、医療機関でないと薬の処方はできません。

 

それぞれの方法を選択され、高額費用負担をしても効果が得られない場合もあります。

 

AGAになられた方は、治療や増毛、植毛などさまざまな方法を検討しましょう。

 

費用や髪の毛の今後の事を考えて、ご自身の希望に沿った対策方法を検討する事が大事です。

 AGAスキンクリニック

医療機関の治療以外にもAGA対策方法は存在する関連ページ

AGAに大切な頭皮クレンジングとデトックス
本来なら、通常のシャンプー洗髪で洗い落とすことができるのですが、AGA対策には専用のアイテムを使うことが望ましいのです。
AGAに足湯と頭皮血流改善食品
AGAは低体温による血流不足が深く関係しているので、体温を上昇させるのに効果的な足湯や頭皮血流改善食品の摂取をぜひとも実行しておきましょう。
AGA対策にはミノキシジルとフィナステリド
ミノキシジルは、元々は高血圧な人への飲み薬として使用されていた「血管拡張剤」だったのですが、その後AGAにも効果的であるということが発見されました。
AGA治療の効果
AGAの治療薬として有名なプロペシアは、これまでに数多くの実績を積み重ねてきた薬ですが、AGA治療に100パーセント成功する訳ではありません。
AGA改善のためのシャンプー選び
AGAの予防、改善には洗髪がとても大切です。頭皮の過剰な皮脂や汚れを落とすためなのですが、そのままにしておくと、AGAやフケ・かゆみ等の様々なトラブルへとつながっていってしまいます。
生え際へのAGA治療
プロペシアは、生え際のAGAの治療としておすすめなのですが、効果を発揮できない場合もあります。
AGA改善のための頭皮マッサージ
頭皮の健康のためにできる事として、マッサージは手軽かつ効果的なものと言われています。頭皮は普段目にする事のない場所ですが、髪の毛の土台となる大切な場所です。
AGAの予防や対策には食生活の見直しも大事
健康な頭皮や髪の毛を作る為に有効な食品は、大豆製品や牡蠣、ナッツ類、卵などで、積極的に摂取したい栄養素は、たんぱく質や亜鉛、ビタミンC・E、コラーゲンなどになります。
薄毛や脱毛に悩む人はどれくらいいるのか
薄毛には、不健康な生活が深く関係しています。その為、普段の生活について見直す事で薄毛が改善される方も多いです。
炭酸水で髪を洗うことによって得られる育毛効果
炭酸水の気泡は頭皮の毛穴に詰まった皮脂や老廃物や古い角質を取り除いてくれるので、シャンプーを使用しなくても十分に洗髪の効果があります。
AGA治療って何?
医療機関では、AGAに対する治療法として大きく分けて2種類の治療法があります。また、最新のAGA治療も誕生しています。

inserted by FC2 system