MENU

プロペシアの副作用

AGAの代表的な治療薬と言えば、飲む薬のプロペシアとつける薬のミノキシジルがあり、この2種類は有名です。

 

ただ、いずれのAGAの治療薬も、効果を確認するには、ある程度の一定の時間が必要で、忍耐力がいります。

 

プロペシアは飲む育毛剤としてAGA治療によく用いられる医薬品で、主成分はフィナステリドです。

スポンサーリンク

もともと前立腺肥大症の治療薬として開発された薬品なのですが、その後の研究でAGA治療に効果あるとわかったのです。

AGA治療薬としてのプロペシア

1997年、プロペシアはAGA治療薬として、正式にFDAに認可されたことで、一気に広まります。

 

実際、国内の臨床試験でも、3年使用で70%以上の人にAGAの改善がみられたという報告があります。

 

プロペシアは非常に高い効果を持つAGA治療薬なのですが、一方で副作用もあるので注意しないといけません。

 

AGA治療薬として人気のプロペシアの副作用は、性欲減退、勃起不全、肝機能障害などが挙げられますが、副作用の症状は軽く、発症率も数%なので、AGA治療薬のプロペシアは、それほど恐れるほどではありません。

 

ただし、これは男性に限ったもので、女性に関しては深刻な副作用がおきる可能性があるので注意が必要です。

 

しかし、プロペシアはAGAのための医療用医薬品なので、購入には医師の診断と処方が必要です。

 AGAスキンクリニック

プロペシアの副作用関連ページ

ミノキシジルとはどんな薬
ミノキシジルは発毛効果がある薬として広く知られていおり、服用するミノキシジルタブレットと塗布するミノキシジルリキッド、ミノキシジルゲルがあります。
ミノキシジルの副作用
接触皮膚炎、湿疹、脂漏性皮膚炎などがミノキシジルの副作用で、AGA治療に使用する時は注意を要します。
フィナステリドはどんな働きをするのか
フィナステリドは、1998年からアメリカで処方が開始されました。現在では世界60カ国以上で使用されており、日本国内では、2005年から発売が開始されています。

inserted by FC2 system