MENU

AGAの治療薬記事一覧

ミノキシジルは、日本でも外用発毛剤としても薬局などで発売されています。もともとミノキシジルは、1970年代後半に血圧降下剤として米国で開発されました。しかし、服用している患者から全身の多毛症状の副作用が報告される事が多くありました。

ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけるので、AGA治療に効果が高く、毛母の細胞分裂を活性化させてくれます。発毛を促す治療薬として人気のAGA治療薬のミノキシジルは、もとは血管拡張剤として開発されたものです。

AGAの代表的な治療薬と言えば、飲む薬のプロペシアとつける薬のミノキシジルがあり、この2種類は有名です。ただ、いずれのAGAの治療薬も、効果を確認するには、ある程度の一定の時間が必要で、忍耐力がいります。プロペシアは飲む育毛剤としてAGA治療によく用いられる医薬品で、主成分はフィナステリドです。

AGA治療でよく使用されるプロペシアやフィナステリドがどのような作用をするのか知っておきましょう。これらの薬は、医療用のAGAの治療薬として効果と安全性が確認されている薬です。米国医薬品メーカーのメルク社が開発した薬で、世界初の医療用の飲む育毛剤となります。

スポンサーリンク


inserted by FC2 system