MENU

AGAをセルフチェックする方法

AGAという言葉を耳にする機会も、増えてきたのではないでしょうか。

 

テレビのコマーシャルで目にする事が多く、着々と知名度を上げています。

 

言葉の頭文字を取っているためAGA自体には意味がなく、日本語で言えば男性型脱毛症となります。

スポンサーリンク

言葉尻を捉えれば男性の脱毛における要因と言えるのですが、必ずしもAGAが原因で薄毛や脱毛が起きている訳ではありません。

 

と言うのは建前で、実際に男性が悩む抜け毛や薄毛といった症状の大半をこのAGAが占めています。

 

AGAへと至る原因には色々な可能性が考慮されるため一概には言えませんが、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの影響を多分に受けているという認識が一般的です。

 

20代から50代に好発と言われるほど対象が多いため、セルフチェックで気付ける点があれば日常的にAGAを警戒してみるのも良いでしょう。

 

AGAは、症状が深刻ですからセルフチェックできる場所があるなら積極的に実施しておきたいところです。

 

AGAのチェック項目を見ていくと、逆にどういった要因がAGAに関係しているのかが見えてくるのではないでしょうか。

AGAになりやすい人

たとえば遺伝子の問題、父方や母方の祖父母に薄毛の人がいた場合にはAGAになる可能性を示唆されます。

 

もちろん、遺伝的な問題だけで必ずしもAGAとなる訳ではありません。

 

ストレスや食生活など、日常的な要素の積み重ねによってもAGAとなり得るため気になる方は注意が必要です。

 

悲しいことにAGAは進行性のため、気付いた時に何も対策を講じなければ症状はどんどん進んでいきます。

 

勝手に良くなるという事もないので、最近髪の毛が気になるという時にセルフチェックをチェックしてAGAが懸念されるようなら対策を講じていきたいところです。

 

AGAの予兆として、髪の毛の成長が乏しいというものがあります。

 

通常髪は長い期間をかけて成長していくものですが、AGAになると十分に成長しないまま抜け落ちてしまいます。

 

毎朝枕に大量の抜け毛があったり洗髪の際に指へと絡み付く髪の毛が増えてきたりした時は、AGAを疑えるかもしれません。

 

また髪の毛が細くなるというのもAGAの特徴に挙げられ、こちらは毎日鏡を見ていく中で気付きたいポイントです。

 

もちろんAGAは治療可能で適切な処置を施せば元通りに回復する事も可能なので、諦めない事が肝要です。

 AGAスキンクリニック

AGAセルフチェック関連ページ

AGAの症状が出始めたら
GAの症状が出始めたら、なるべく早くケアを始めるべきです。生えている毛髪の現状維持を行なう事は比較的簡単ですが、無くなった毛髪を元の状態に戻すというのは大変難しい事なのです。
AGAの検査キット
AGA検査キットを使えば、まだ薄毛が気になっていない状態でも検査キットを利用する事により、どの程度AGAに対するリスクが存在するかを判定してくれます。
病院でのAGAチェック
AGAは、最初に遺伝子検査によってチェックした方が、適切な治療方針がたてやすく、将来の見通しも明るくなります。
AGAの病院・サロンと自毛植毛
通常、発毛サロンでは増毛が行われますが、病院では移植手術となります。自分の毛髪をAGAの症状のある部分に移植していくのです。
女性のAGAについて
女性のAGAによる症状は、男性と同じく髪の毛がなくなるということは滅多になく、だいたいは髪の毛のボリュームがなくなるといった症状です。
薄毛治療とAGA
男性の場合には遺伝的要因が強いと言われますが女性の場合は加齢とともに起こりやすくなると言われるため、全員に薄毛治療の可能性があります。
AGA治療に保険は適用されるのか
AGAの治療はすぐ効果が出るものではなく、長い目で考えなければなりません。そこで気になるのが、AGA治療に保険は使えるのかということです。
AGA治療の費用
AGAの治療を受けてみたいと言う人が増えているのですが、費用に関する情報があまり無く、そのために躊躇している人も少なくありません。
AGA治療の費用を抑える方法
一般の病院でのAGA治療においては、主にプロペシアとミノキシジルという薬を服用します。そのため、処方料と薬代だけで済むので経済的にもやさしく、AGAの費用が安くすみます。

inserted by FC2 system