MENU

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけるので、AGA治療に効果が高く、毛母の細胞分裂を活性化させてくれます。

 

発毛を促す治療薬として人気のAGA治療薬のミノキシジルは、もとは血管拡張剤として開発されたものです。

スポンサーリンク

高血圧の治療薬として使用されていたのですが、患者が多毛症になる人が多く見られたことから、AGA治療に用いられるようになりました。

 

今では正式にFDAに、AGA治療の薄毛治療薬として認可されたので、世界中から注目されています。

ミノキシジルの副作用の症状

AGA治療で効果の高いミノキシジルにも、副作用があり、それは頭皮のかゆみやかぶれなどです。

 

接触皮膚炎、湿疹、脂漏性皮膚炎などがミノキシジルの副作用で、AGA治療に使用する時は注意を要します。

 

もとが高血圧の治療薬だったので、AGA治療として使用する場合、今現在高血圧症の治療を受けている人には副作用が懸念されます。

 

また、低血圧の人は血圧が下がり過ぎるという副作用があるので、AGA治療の際には注意が必要です。

 

プロペシアもミノキシジルもFDAから正式に認可されたAGA治療薬ですが、いずれも副作用があります。

 

いくらFDAに認可されているとはいえ、薬には副作用がつきものなので、AGA治療については、専門の治療院に相談する・副作用の無い育毛剤を使用することが大事です。

 AGAスキンクリニック

ミノキシジルの副作用関連ページ

ミノキシジルとはどんな薬
ミノキシジルは発毛効果がある薬として広く知られていおり、服用するミノキシジルタブレットと塗布するミノキシジルリキッド、ミノキシジルゲルがあります。
プロペシアの副作用
プロペシアは非常に高い効果を持つAGA治療薬なのですが、一方で副作用もあるので注意しないといけません。
フィナステリドはどんな働きをするのか
フィナステリドは、1998年からアメリカで処方が開始されました。現在では世界60カ国以上で使用されており、日本国内では、2005年から発売が開始されています。

inserted by FC2 system