MENU

AGAと食生活の関係

AGAを予防し毛髪を成長させる為には、食生活は少なからず影響します。

 

毛髪だけでなく、平均寿命や平均身長など生きていく上でも、食生活は大きく影響しています。

 

まず大切なのは、1日3食きちんと食べることです。

スポンサーリンク

食事の内容としては、野菜をなるべく接取し、毛髪のもととなる魚や豆類などの「たんぱく質」を多く取り入れるよう心がけます。

 

1日2食にすることや、頭皮の皮脂を過多に分泌させる肉類や、揚げ物、甘い物などに含まれる脂肪分や糖分の摂りすぎは禁物です。

 

間食は適度であれば大丈夫です。

 

仕事などで1日3食規則正しく摂ることが困難な方もいるかと思います。そのような場合は、サプリメントを使用することも良いでしょう。

 

また、「豆乳」や「きな粉」はたんぱく質を多く含みますので、上手く食事に取り入れてみることも効果的です。

 

がんばり過ぎは、ストレスとなり、AGAを促進させてしまう恐れがあります。自分にとって、無理なく続けていける食事の管理をしていきましょう。

AGAと睡眠の関係

AGAには「睡眠」がとても関係しています。

 

睡眠改善法は「効果的であるにもかかわらず、費用もあまりかからない対策」であると、AGAの専門家の間で言われています。

 

「夜10時〜朝2時の4時間の間には寝ている事」「充分な睡眠時間の確保」、この2つが大変重要となります。

 

前者は、睡眠のゴールデンタイムと言われる時間帯で、毛髪の成長を促し、AGAを予防・抑制するには最も理想的な時間帯です。

 

女性の美肌対策と同じですね。

 

後者は、良質な睡眠を摂るという意味で、一般的には7時間〜7時間半と言われていますが、その際にもコツがあります。

 

「夜中12時より前に寝る」、「ゆったりした気持ちで寝る」、「身体を温めてから寝る」、「鼻詰まりを解消してから寝る」、「自分に合った枕を選ぶ」、「寝る前にカフェインの入った飲料を飲まない」等があります。

 

あまり関係ないと思われがちな睡眠が、実はとても関係しているのです。

 AGAスキンクリニック

AGAと食生活・睡眠の関係関連ページ

AGAと薄毛治療
プロペシアだけをAGAの薄毛治療として服用している人もいますが、これだけでは中々効果が得られません。他の治療法を併用することが重要です。
AGAとタバコ・ストレスの関係
タバコに含まれる「ニコチン」が主な原因なのですが、毒物に指定されるニコチンは、血流を悪くし、毛髪へ栄養を送りにくくするのです。
AGAとホルモン・体温の関係
AGAは男性ホルモンの影響が強いため、生え際や頭頂部が薄くなっていってしまうのです。この特性を生かした治療法に「自毛植毛」があります。
自分に合ったシャンプー使用もAGA対策に有効
AGAで悩まれている方は、刺激の強いシャンプーを使用して頭皮状態が悪化している場合が多いので、アミノ酸シャンプーなどを使ことも重要です。
AGAとはどんな脱毛症なのか
AGAは、日本国内で1,000万人以上が発症していると言われています。症状の多くは額の生え際や、頭頂部から薄毛が進行していきます。
薄毛や抜け毛に悩む人がまず取り組む事
健康的な生活を送る事を意識して生活する事で、薄毛対策や予防が可能です。不健康な生活は、髪の毛の成長や頭皮環境にも悪影響をおよぼします。
髪の毛が生える仕組みや性質、薄毛の悩みについて
通常は成長期が一番長く続くのですが、AGAの人は成長期が短くなります。その為、髪の毛が十分に成長せず薄毛につながります。
AGA(男性型脱毛症)の原因と脱毛症の種類
AGAは遺伝的要素が大きいと言われていますが、AGAになりやすい遺伝子を持っていても必ず脱毛が起こるわけではありません。
脱毛や薄毛の原因はさまざま
薄毛の原因は、大きく分けて遺伝、ホルモン、食生活・生活習慣、ストレスで、これらの原因が複数組み合わさり、薄毛が進行している場合が多いです。

inserted by FC2 system