MENU

AGAと薄毛治療

AGAは、最近よく耳にするようになりましたが、これは、Androgenetic Alopeciaの略になります。

 

日本語に直すと男性型脱毛症と言う意味になるのですが、AGAは、遺伝や生活習慣が原因といわれています。

 

成長しきれていない細く短い毛が抜けることにより、薄毛がどんどん拡大し、結果、AGAになってしまいます。

スポンサーリンク

AGAの薄毛治療については、プロペシアという治療薬がよく用いられていて、医師から服用するよう指示されます。

 

また、各種ビタミン剤や抗炎症剤などの複合的服用なども、AGAの薄毛治療としてよく行われています。

 

薄毛治療としてのAGA克服へのアプローチ方法は、脱毛を防ぎ、発毛と育毛を促進する方法が一番です。

 

育毛剤を使用するのもAGAの薄毛治療にはなりますが、基本的な治療は、プロペシアで薄毛の進行を食い止めることが大事です。

 

AGAの薄毛治療は、ミノキシジルを中心として、毛母細胞を活性化させるという方法もあります。

 

そして、生活習慣へのアドバイスと頭皮ケアを参考にして、発毛する環境を整えるのもAGAの薄毛治療になります。

他の治療法を併用することが重要

プロペシアだけをAGAの薄毛治療として服用している人もいますが、これだけでは中々効果が得られません。

 

他の治療法を併用することにより、AGAの薄毛治療の効果をより高めることができるので、色々と試してみることです。

 

各病院のAGAの薄毛治療で発毛を目指している人は多く、プロペシアを5年間、1日1mg服用した男性の90%に効果が認められています。

 

頭頂部と生え際どちらにもAGAの薄毛治療効果はありますが、特に頭頂部の薄毛の進行を食い止める効果は非常に高いです。

 

ミノキシジルもAGAの薄毛治療には有効ですが、頭頂部の発毛への効果だけで、生え際にはあまり効果はありません。

 

AGAの薄毛治療をする時は、自身の症状や原因を見極めながら、行っていく必要があります。

 

適切な薬を選択しながら、適切な治療を行うことが、AGAの薄毛治療では大事になってきます。

 

全国には、専門的な病院やクリニックがあるので、そうした医療機関で、AGAの薄毛治療に励みましょう。

 

専門病院に行けば、髪の状態をしっかり判断し、最適なAGAの薄毛治療の方法を提示してくれます。

 

20代、30代あたりからの男性の薄毛は、AGAの症状にあたるので、積極的な薄毛治療が望まれます。

 

AGAの薄毛治療は、まず問診や触診から原因を見極め、それに見合った薬を処方するのが望ましいので、専門病院を訪れましょう。

 AGAスキンクリニック

AGAと薄毛治療関連ページ

AGAと食生活・睡眠の関係
AGAを予防し毛髪を成長させる為には、食生活や睡眠など生活習慣が少なからず影響します。
AGAとタバコ・ストレスの関係
タバコに含まれる「ニコチン」が主な原因なのですが、毒物に指定されるニコチンは、血流を悪くし、毛髪へ栄養を送りにくくするのです。
AGAとホルモン・体温の関係
AGAは男性ホルモンの影響が強いため、生え際や頭頂部が薄くなっていってしまうのです。この特性を生かした治療法に「自毛植毛」があります。
自分に合ったシャンプー使用もAGA対策に有効
AGAで悩まれている方は、刺激の強いシャンプーを使用して頭皮状態が悪化している場合が多いので、アミノ酸シャンプーなどを使ことも重要です。
AGAとはどんな脱毛症なのか
AGAは、日本国内で1,000万人以上が発症していると言われています。症状の多くは額の生え際や、頭頂部から薄毛が進行していきます。
薄毛や抜け毛に悩む人がまず取り組む事
健康的な生活を送る事を意識して生活する事で、薄毛対策や予防が可能です。不健康な生活は、髪の毛の成長や頭皮環境にも悪影響をおよぼします。
髪の毛が生える仕組みや性質、薄毛の悩みについて
通常は成長期が一番長く続くのですが、AGAの人は成長期が短くなります。その為、髪の毛が十分に成長せず薄毛につながります。
AGA(男性型脱毛症)の原因と脱毛症の種類
AGAは遺伝的要素が大きいと言われていますが、AGAになりやすい遺伝子を持っていても必ず脱毛が起こるわけではありません。
脱毛や薄毛の原因はさまざま
薄毛の原因は、大きく分けて遺伝、ホルモン、食生活・生活習慣、ストレスで、これらの原因が複数組み合わさり、薄毛が進行している場合が多いです。

inserted by FC2 system