MENU

AGAの病院と自毛植毛

AGAは「皮膚科」や「形成外科」、「美容外科」等の病院でも治療ができ、ネットで住んでいる都道府県や市町村の病院を検索することも可能です。

 

通常、発毛サロンでは増毛が行われますが、病院では自分の毛髪をAGAの症状のある部分に移植していく移植手術「自毛植毛」を行います。

スポンサーリンク

手術ですので、専門の医師でなければ施術はできませんし、保険適用外のため、全額自己負担となります。

 

負担額は移植の範囲によってことなりますが、広い場合は100万円を超えると思われ、金銭的な負担がかかってしまいます。

 

また、医師により出来が違ったり、また、毛髪を移植に使うわけですから、毛髪量が少ない人にはおすすめできません。

 

症状が出る前の毛髪量まで戻ることはできないと言われていますが、それに近い部分まで増毛はできるそうです。

 

病院ではこの「自毛植毛」と「プロペシアの処方」などが主に治療方法として行われています。

発毛サロンでAGA対策

AGA対策には発毛サロンを利用するという方法もあります。

 

自分でする対策と違って、毛穴の皮脂の除去や洗髪、加圧器マッサージ、指圧マッサージなどトータル的なケアができます。

 

また、AGAの根本的な解決を目指す「発毛ケア」と、AGAの箇所を隠す目的で使用される「カツラ」をどちらか、または両方実行していくこと、さらに、サロン内だけでなく自宅でのケアも毎日しっかり実行していくことを勧めてくると思います。

 

しっかりケアしていける反面、費用も労力も時間もかかることになります。

 

費用の面では「シャンプー」、「コンディショナー」、「発毛剤」、「皮脂除去オイル」等の購入もサロンを通じて継続的にしていかなくてはならず、 出費がかなりかさむことになります。

 

もし、AGAがまだ軽い症状の場合は、まず、自分でできるケア(生活習慣改善や「ホホバオイル」、「DEOCO・S2」等の使用)から試してみてから、 サロンに相談という流れでも良いかと思います。

 AGAスキンクリニック

AGAの病院・サロンと自毛植毛関連ページ

AGAの症状が出始めたら
GAの症状が出始めたら、なるべく早くケアを始めるべきです。生えている毛髪の現状維持を行なう事は比較的簡単ですが、無くなった毛髪を元の状態に戻すというのは大変難しい事なのです。
AGAセルフチェック
AGAは自然に良くなるという事もないので、最近髪の毛が気になるという時にセルフチェックをチェックしてAGAが懸念されるようなら対策を講じていきたいところです。
AGAの検査キット
AGA検査キットを使えば、まだ薄毛が気になっていない状態でも検査キットを利用する事により、どの程度AGAに対するリスクが存在するかを判定してくれます。
病院でのAGAチェック
AGAは、最初に遺伝子検査によってチェックした方が、適切な治療方針がたてやすく、将来の見通しも明るくなります。
女性のAGAについて
女性のAGAによる症状は、男性と同じく髪の毛がなくなるということは滅多になく、だいたいは髪の毛のボリュームがなくなるといった症状です。
薄毛治療とAGA
男性の場合には遺伝的要因が強いと言われますが女性の場合は加齢とともに起こりやすくなると言われるため、全員に薄毛治療の可能性があります。
AGA治療に保険は適用されるのか
AGAの治療はすぐ効果が出るものではなく、長い目で考えなければなりません。そこで気になるのが、AGA治療に保険は使えるのかということです。
AGA治療の費用
AGAの治療を受けてみたいと言う人が増えているのですが、費用に関する情報があまり無く、そのために躊躇している人も少なくありません。
AGA治療の費用を抑える方法
一般の病院でのAGA治療においては、主にプロペシアとミノキシジルという薬を服用します。そのため、処方料と薬代だけで済むので経済的にもやさしく、AGAの費用が安くすみます。

inserted by FC2 system