MENU

脱毛や薄毛の原因はさまざま

薄毛は、髪が細くなり、抜け落ち、髪の毛が正常な成長をしない状態を指します。

 

薄毛が進行すると、頭皮が見えて髪の毛の密度が薄くなる状態に陥ります。

 

薄毛の原因は、大きく分けて遺伝、ホルモン、食生活・生活習慣、ストレスになります。

スポンサーリンク

これらの原因が複数組み合わさり、薄毛が進行している場合が多いです。

 

男性ホルモンのテストステロンは体毛の成長を促進させますが、髪の毛の成長を妨げる働きをする場合があります。

 

遺伝は薄毛に大きく関わっており、最近では男性ホルモンを受け取る受容体の遺伝子を調べる事ができます。

 

この検査では、男性ホルモンの影響を受けやすい体質かどうかを調べる事が可能です。

 

薄毛専門医院などでは、処方の前に遺伝子検査をおこない個人の遺伝子に沿った処方や治療をおこなっています。

 

ストレスは、薄毛や抜け毛にとっても大敵です。

 

ストレスがたまってくると、自律神経やホルモンバランスにも悪影響を与えます。

生活習慣での薄毛原因

また、血流が悪くなると毛根に栄養分を十分運べないので、発毛が十分におこなわれない原因ともなります。

 

髪の毛を作るには、ビタミンやミネラルが必要です。

 

しかし、現在の食生活では十分に摂取できない場合も多くなっています。

 

また、不規則な生活は髪の毛の成長を妨げます。

 

さらに、頭皮の健康は発毛にも大きく関係しています。

 

生活習慣での薄毛原因は、食生活の乱れや喫煙習慣などです。

 

食生活で肉や油の摂り過ぎで血中コレステロールが増えると、血がどろどろになり末端の頭皮まで血が流れにくくなります。

 

すると、血液によって運ばれる栄養素が十分に届かず薄毛につながります。

 

また、健康な髪を作る為にはたんぱく質やビタミン、ミネラルが必要不可欠です。

 

食事からこれらの栄養素が十分摂れない場合は、健康な髪の毛は育ちません。

 

その為、無理なダイエットをおこなうと栄養不足によって抜け毛が増加する事があります。

 

また喫煙習慣がある方は、たばこのニコチンが血管を収縮させるので、抜け毛を促進させる原因になると考えられています。

 AGAスキンクリニック

脱毛や薄毛の原因はさまざま関連ページ

AGAと薄毛治療
プロペシアだけをAGAの薄毛治療として服用している人もいますが、これだけでは中々効果が得られません。他の治療法を併用することが重要です。
AGAと食生活・睡眠の関係
AGAを予防し毛髪を成長させる為には、食生活や睡眠など生活習慣が少なからず影響します。
AGAとタバコ・ストレスの関係
タバコに含まれる「ニコチン」が主な原因なのですが、毒物に指定されるニコチンは、血流を悪くし、毛髪へ栄養を送りにくくするのです。
AGAとホルモン・体温の関係
AGAは男性ホルモンの影響が強いため、生え際や頭頂部が薄くなっていってしまうのです。この特性を生かした治療法に「自毛植毛」があります。
自分に合ったシャンプー使用もAGA対策に有効
AGAで悩まれている方は、刺激の強いシャンプーを使用して頭皮状態が悪化している場合が多いので、アミノ酸シャンプーなどを使ことも重要です。
AGAとはどんな脱毛症なのか
AGAは、日本国内で1,000万人以上が発症していると言われています。症状の多くは額の生え際や、頭頂部から薄毛が進行していきます。
薄毛や抜け毛に悩む人がまず取り組む事
健康的な生活を送る事を意識して生活する事で、薄毛対策や予防が可能です。不健康な生活は、髪の毛の成長や頭皮環境にも悪影響をおよぼします。
髪の毛が生える仕組みや性質、薄毛の悩みについて
通常は成長期が一番長く続くのですが、AGAの人は成長期が短くなります。その為、髪の毛が十分に成長せず薄毛につながります。
AGA(男性型脱毛症)の原因と脱毛症の種類
AGAは遺伝的要素が大きいと言われていますが、AGAになりやすい遺伝子を持っていても必ず脱毛が起こるわけではありません。

inserted by FC2 system