MENU

女性のAGAについて

AGAはまれに女性が発症することもあり、その場合はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

 

女性の体内にも男性ホルモンがありますので、遺伝的なこと以外にも原因があることから、生活習慣の乱れなどによって、ホルモンのバランスが崩れてしまうと発症する例もあるのです。

スポンサーリンク

女性の場合の特徴としては、髪全体のボリュームがなくなっていくことで、男性に比べると症状は軽いと言えますが、女性もAGAになる可能性があるのです。

 

女性の体内にも男性ホルモンは存在するわけですから、まれに悪い環境が重なると発症することもあります。

 

その場合はFAGA(女性男性型脱毛症)といい、AGAとは区別しています。

 

また、症状も男性と同じく髪の毛がなくなるということは滅多になく、だいたいは髪の毛のボリュームがなくなるといった症状です。

 

医薬品の発毛剤は「リアップレディ」があり、AGAに有効な「ミノキシジル」が含まれており、20歳以上の女性のみ使用可能で、1日2回、1回1mlを症状の出ている部分に塗ります。

 

価格は約1ヶ月分で5000円くらいで、ネットでの購入も可能ですが、男性のように様々なAGA対策はないのが、残念なところです。

 AGAスキンクリニック

女性のAGAについて関連ページ

AGAの症状が出始めたら
GAの症状が出始めたら、なるべく早くケアを始めるべきです。生えている毛髪の現状維持を行なう事は比較的簡単ですが、無くなった毛髪を元の状態に戻すというのは大変難しい事なのです。
AGAセルフチェック
AGAは自然に良くなるという事もないので、最近髪の毛が気になるという時にセルフチェックをチェックしてAGAが懸念されるようなら対策を講じていきたいところです。
AGAの検査キット
AGA検査キットを使えば、まだ薄毛が気になっていない状態でも検査キットを利用する事により、どの程度AGAに対するリスクが存在するかを判定してくれます。
病院でのAGAチェック
AGAは、最初に遺伝子検査によってチェックした方が、適切な治療方針がたてやすく、将来の見通しも明るくなります。
AGAの病院・サロンと自毛植毛
通常、発毛サロンでは増毛が行われますが、病院では移植手術となります。自分の毛髪をAGAの症状のある部分に移植していくのです。
薄毛治療とAGA
男性の場合には遺伝的要因が強いと言われますが女性の場合は加齢とともに起こりやすくなると言われるため、全員に薄毛治療の可能性があります。
AGA治療に保険は適用されるのか
AGAの治療はすぐ効果が出るものではなく、長い目で考えなければなりません。そこで気になるのが、AGA治療に保険は使えるのかということです。
AGA治療の費用
AGAの治療を受けてみたいと言う人が増えているのですが、費用に関する情報があまり無く、そのために躊躇している人も少なくありません。
AGA治療の費用を抑える方法
一般の病院でのAGA治療においては、主にプロペシアとミノキシジルという薬を服用します。そのため、処方料と薬代だけで済むので経済的にもやさしく、AGAの費用が安くすみます。

inserted by FC2 system