AGAとタバコ・ストレスの関係


AGAとタバコの関係

タバコはAGAに対して最も悪影響を及ぼすものです。

 

タバコに含まれる「ニコチン」が主な原因なのですが、毒物に指定されるニコチンは、血流を悪くし、毛髪へ栄養を送りにくくするのです。

 

喫煙の悪影響

栄養が行き渡らない毛髪は、成長できずになくなし、抜け毛と発毛のバランスが取れなくなってしまい、その結果、AGAへと発展していきます。

 

もちろん、喫煙する全ての方が発症するわけではありませんが、AGAになっている人や、症状が出始めている人が喫煙することによって、悪化することは確かです。

禁煙でAGA対策

ですから、AGA対策に真剣に取り組むには禁煙は欠かせません。

 

現在は「禁煙外来」やニコレットやニコチネル、禁煙パイプ、チャンピックス等に代表される「禁煙グッズ」も数多くありますので、禁煙を実行する手助けアイテムとなってくれることでしょう。

 

AGAとタバコは大変重要な関わりを持っているのです。

AGAとストレスの関係

過度のストレスは、体内においても血液の流れを悪くし、悪影響を及ぼします。

 

血流が悪くなると、毛髪へ栄養を送ることが困難になり、栄養が行き渡らない毛髪は成長できず、結果的にAGAへとつながっていってしまうのです。

 

「悩みが多いと頭が薄くなる」という言葉そのものですね。

ストレス解消法

ストレス解消法をいくつかご紹介しましょう。

 

1、趣味に打ち込む
2、アロマなどの癒しグッズ
3、良質な睡眠(身体を充分に温める、嫌な出来事は頭から消すなど)
4、金銭的な悩みの解消

 

特に4のお金に関係することは、重いストレスになる可能性が高いです。

 

自分に合ったストレス解消法を実践し、過度のストレスは身体に溜め込まないことが、AGAを予防、改善していくためには必要なのです。

AGAスキンクリニック

記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。 必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。

inserted by FC2 system