AGAとホルモン・体温の関係


AGAとホルモンの話

AGAにはホルモンが大変深く関わっています。

 

生え際や頭頂部は「男性ホルモン」、側頭部や後頭部は「女性ホルモン」が影響しています。

 

AGAは男性ホルモンの影響が強いため、生え際や頭頂部が薄くなっていってしまいます。

 

自毛植毛という治療法

この特性を生かした治療法に「自毛植毛」があります。

 

女性ホルモンの影響が強い側頭部や後頭部の毛髪を、薄くなった生え際や頭頂部に持ってくるのです。

 

植毛した毛髪は、女性ホルモンの働きを残していますので、抜けにくく、成長しやすい毛髪になっていきます。

 

また自分の毛髪なので、その後のメンテナンスが不要等、人工植毛を比べるとメリットがとても多いのです。

AGA対策につながる体温の上昇

最近は平熱が35度台〜36度前半くらいの方は「低体温症」と言われています。

 

実はAGAに悩む人の多くがこの「低体温症」であり、改善が必要であるという現実があります。

 

36度台後半くらいまで体温を上げることが理想なのですが、そのためには「身体を冷やさない」、「シャワーだけでなく湯船に浸かる」、「ショウガ等の食材の摂取により、体温を上げる」といったことが大切になってきます。

 

さらに、「足湯」は効果的な体温上昇法と言われており、簡単で低コストな方法ですので、冷え性体質の方にはおすすめです。

低体温の弊害

低体温は身体に様々な害を及ぼします。

 

「栄養吸収と新陳代謝の悪化」がAGAと深く関わっており、毛髪に栄養が行き渡らないといったことがあります。

 

「冷え性体質はAGAになりやすい体質」であることを認識し、体温を高める努力が大切なのです。

AGAスキンクリニック

記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。 必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。

inserted by FC2 system