禁煙はAGA対策のひとつです


禁煙はAGA対策のひとつです

喫煙をすることによって、薄毛になってしまうリスクというものがあります。

 

そのため、喫煙をしているけれど、最近薄毛が気になっているという方は、たばこをやめることによって薄毛対策に繋がる可能性があります。

 

禁煙は薄毛予防にもなる

また、現在薄毛では悩んでいないけれど喫煙をしているという人は、将来に向けての予防として禁煙も考えたほうが良いでしょう。

 

髪の毛というのは、頭皮にしっかりと栄養があることによって、新しい頭皮と髪の毛がつくられ、しっかりとした髪の毛を生やすことができます。

 

しかし、頭皮に十分な栄養が行き渡ることができていないと、細い髪の毛になってしまったり、髪の毛を生やすことができなくなったりしてしまいます。

 

髪の毛が細くなってしまうと、髪の毛の量は減っていなくても、薄くなってしまった印象になります。

 

また、髪の毛を生やすことができなくなってしまうと、今生えている分が抜けてしまってその後なかなか生えないということで、結果薄毛となってしまいます。

 

したがって、薄毛対策をすることにおいて、頭皮に十分な栄養を行き渡らせるということは、非常に重要です。

ニコチンの影響

喫煙をしていると、頭皮まで十分な栄養を行き渡らせることができなくなってしまうことがあります。

 

なぜかというと、たばこに含まれているニコチンという物質は、血管を収縮させてしまうはたらきがあるからです。

 

全身に栄養を行き渡らせるためには、血液のめぐりが良いことが重要です。

 

なぜなら、栄養は血液によって運ばれるからです。

 

しかし、血管が収縮してしまうと、血液の流れは悪くなってしまいます。

 

それは、血管が収縮すると、血液の流れを堰き止める状態になってしまうからです。

 

血液の流れが悪くなってしまうと、当然頭皮まで栄養を行き渡らせにくくなってしまうので、薄毛となってしまうことがあります。

 

したがって、禁煙をしてニコチンを摂取しなくなると、たばこを吸っていた時よりも血管を収縮させるということがなくなるので、薄毛対策につながっていきます。

AGAスキンクリニック

記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。 必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。

inserted by FC2 system