AGAと食生活・睡眠の関係


AGAと食生活の関係

AGAを予防し毛髪を成長させる為には、食生活は少なからず影響します。

 

毛髪だけでなく、平均寿命や平均身長など生きていく上でも、食生活は大きく影響しています。

 

まず大切なのは、1日3食きちんと食べることです。

 

たんぱく質をとり、脂肪分や糖分を減らす

食事の内容としては、野菜をなるべく接取し、毛髪のもととなる魚や豆類などの「たんぱく質」を多く取り入れるよう心がけます。

 

1日2食にすることや、頭皮の皮脂を過多に分泌させる肉類や、揚げ物、甘い物などに含まれる脂肪分や糖分の摂りすぎは禁物です。

 

間食は適度であれば大丈夫です。

 

仕事などで1日3食規則正しく摂ることが困難な方もいるかと思います。

 

そのような場合は、サプリメントを使用することも良いでしょう。

 

また、「豆乳」や「きな粉」はたんぱく質を多く含みますので、上手く食事に取り入れてみることも効果的です。

 

がんばり過ぎは、ストレスとなり、AGAを促進させてしまう恐れがあります。自分にとって、無理なく続けていける食事の管理をしていきましょう。

AGAと睡眠の関係

AGAには「睡眠」がとても関係しています。

 

睡眠改善法は「効果的であるにもかかわらず、費用もあまりかからない対策」であると、AGAの専門家の間で言われています。

 

「夜10時〜朝2時の4時間の間には寝ている事」「充分な睡眠時間の確保」、この2つが大変重要となります。

 

前者は、睡眠のゴールデンタイムと言われる時間帯で、毛髪の成長を促し、AGAを予防・抑制するには最も理想的な時間帯です。

 

女性の美肌対策と同じですね。

良質な睡眠を摂るコツ

後者は、良質な睡眠を摂るという意味で、一般的には7時間〜7時間半と言われていますが、その際にもコツがあります。

 

「夜中12時より前に寝る」、「ゆったりした気持ちで寝る」、「身体を温めてから寝る」、「鼻詰まりを解消してから寝る」、「自分に合った枕を選ぶ」、「寝る前にカフェインの入った飲料を飲まない」等があります。

 

あまり関係ないと思われがちな睡眠が、実はとても関係しているのです。

AGAスキンクリニック

記事の内容は、効果効能または安全性を保証するものではありません。 必ず医師や薬剤師など専門家にご相談し、ご自身の責任の上で判断して下さい。

inserted by FC2 system